FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

サザン桑田が音楽に興味をもったきっかけ

懐メロとして親しまれている曲もあれば、今現在も発表されている新曲があるサザンオールスターズ。作詞作曲をほとんど手がけているボーカルの桑田佳祐は一体どのように音楽を始めるに至ったのでしょうか。
いろいろ調べてみたところ、サザン桑田が音楽に興味をもったのは、姉である作詞家・作曲家の岩本えり子さんの影響が大きいそうです。学生時代は岩本えり子さんが集めていたビートルズのレコードを聴き入っていたのだとか。
ビートルズが活躍していたのが1960年~1970年頃で、サザン桑田は1956年生まれなので、まさに青春時代にかぶっていたようです。
独特な歌唱法は高校時代から大ファンだった前川清を意識していて、洋楽ではボブ・ディランなどの影響を受けています。声質を近づけるために荒行ともいえる方法をとっていましたが、体に負担をかけてしまったためその後は声帯を酷使することはなくなったそうです。そのためサザンとして初期の1982年頃までは、ハスキーボイスで収録され歌声がほかと違うものが一部あります。
何をきっかけに音楽にのめり込むかは人によって違いますが、やはり家族や友人といった身近な人の存在は特に大きいのだと思いました。サザン桑田の場合はそれがお姉さんだったのでしょう。昔はインターネットなどが主流ではなかったので、レコードやCDなどを聴くことで音楽を楽しめました。今よりも昔のほうが音楽は大切にされていた時代だったのではないでしょうか。
スポンサーサイト

サザン桑田の手がける楽曲 ポップスとは?

よくポップスという言葉を耳にすると思いますが、具体的にどういった曲をポップスと呼ぶのか説明できる人は少ないと思います。私もそうです。
イメージとしては、誰が聴いても楽しめる大衆向けの音楽…という感じがしますが、実際のところはどうなのでしょう。そう思い、調べてみました。
すると、ポップスの意味は何種類か存在するようで、定義というものはなく曖昧なのだそうです。一般的にポップスとは、『ポピュラーミュージック』の略称だと言われていますが、ポップスの中でもジャンルがさらに細かく別れるため一概にこれがポップスだというのは言えないようです。
しかし軽快で耳障りの良い音楽は広くポップスと呼ばれているようです。この曲を聴くと元気になれる、というものがあればそれはポップスなのだと思います。
サザン桑田が手がけた楽曲も広いジャンルで分かれていますが、ポップスは多いです。他にも軽快なもの、情熱的なもの、おちゃらけたもの、悲壮的なものなどバラエティに富んでいるので、サザン桑田やサザンオールスターズのアルバムなどを一度聴いたら手放せなくなるでしょう。
ミュージシャンは音楽で何かを表現している人たちです。ひとつひとつの楽曲に意味が込められ、音や歌詞も隅々まで意味があります。
伝えたいことを直接歌詞にして歌っているものもあれば婉曲的に表現しているものもあり、汲み取り方は人それぞれです。
音楽の楽しみはそういった自由度の高さにもあると思います。
同時にもっとも身近な表現方法の一つなので、自分もいつか音楽で何かを表現できればいいなと密かに思っています。

サザン桑田も受賞したレコード大賞について

1982年、サザン桑田が研ナオコに提供した楽曲「夏をあきらめて」が第24回日本レコード大賞の作曲賞を受賞しました。
以前も書きましたがサザン桑田はミュージシャンの他に音楽プロデューサーの一面を持つなど、幅広い活動を行っています。
この日本レコード大賞ですが、1959年に始まった日本最大の音楽の祭典です。毎年、年末に開催されていて、レコ大と略されて呼ばれることが多いです。
もともとあったアメリカのグラミー賞をヒントに創設されたそうです。グラミー賞はアメリカ最大の音楽の祭典ですが、世界的に有名な賞であるため世界で最も権威のある音楽の賞として知られています。
レコード大賞は盛大に開催されるのもそうですが、そのジャンルの幅広さも面白い部分の一つです。大賞、歌唱賞、新人賞などの他にゴールデン・アイドル賞、ベスト・アルバム賞、ロング・セラー賞などがあります。年度によってばらつきはあるようです。
他に、サザン桑田が作曲賞を受賞した1982年は「花の82年組」といわれる新人アイドルの豊作の年で、石川秀美、早見優、シブがき隊、松本伊代などが新人賞にノミネートされていました。芸能界の歴史を感じます。ゲストやプレゼンター、司会は著名な人物が行っています。
つい最近も、2014年のレコード大賞が発表されました。テレビ放映の他にラジオでも放送されますし、賞のジャンルが豊富なこともあり有名な曲から昔の曲まで楽しむことができます。
普段それほど音楽を聞かないという人でも楽しめる番組だと思うので、年末はぜひチェックしてほしいです。

サザン桑田 音楽プロデューサーの一面

サザン桑田佳祐は、バンドではギタリスト・ボーカリストとして有名ですが、音楽プロデューサーの一面も持っています。
音楽グループのプロデュースの他に楽曲提供を多数手がけていて、王道のポップスやロック以外に遊び心の強いコミックソングも作っています。
ミュージシャンは総じてマルチな才能を発揮することが多いですが、サザン桑田佳祐もまさにその一人と言えるでしょう。
その縁もあってか、交流関係は非常に幅広いです。やはりミュージシャンらしく他のミュージシャンとの接点が多く、同じ事務所の後輩である福山雅治との仲の良さは広く知られています。ライブや共演した時に極端にいじり倒すことがありますが、いじると同時に才能を高く評価していることが伺えます。
有名人のファンは多く、ラジオを視聴している人も多いそうです。
自身が所属するバンド、サザンオールスターズの楽曲の多くを桑田佳祐が担当しており、楽曲を聞くことで桑田佳祐がどのような世界観を持っているかを垣間見ることが出来ると思います。
ソロ活動、各種メディアでの出演を始め様々な舞台で活躍するサザン桑田は明るい人柄でも知られています。出演しているテレビやラジオを見れば明るい3枚目のキャラクターナノがすぐわかりますが、家ではよきパパで度々家族のエピソードをライブなどで語るそうです。
多くのファン、ミュージシャン、業界関係者に慕われる桑田佳祐はミュージシャンというよりもひとりの人間として愛されているという印象があります。

意外と知られていない、サザン桑田の様々な活躍!

サザンの桑田佳祐、と聞いてピンと来ない人は少ないと思います。
力強い歌唱に率直な歌詞、派手なパフォーマンスがあると思いきやラブソング、クリスマスソングなどのバラードも手がける、老若男女問わず人気の高いボーカリストです。
トーク力も高いので、ラジオは一般人だけでなく芸能人にもファンが多いと聞いたことがあります。
サザン桑田のディスコグラフィーを調べていたら、かつて映画を手がけていたことを知って驚きました。
映画のタイトルは「稲村ジェーン」1991年公開なので20年以上前ですが、海を舞台にした青春物語として評価は高いようです。今度DVD屋で見つけたら見ておきたいと思います。
さらにソロ活動もしています。ライブやコンサート、新曲リリース、映像作品、ラジオのような番組への出演など、精力的に活動している元気さです。
サザンオールスターズのディスコグラフィーだけでなく、桑田佳祐だけのディスコグラフィーもあるほどなので、それだけ活動のはばが広いということだと思います。
もちろん活動拠点はサザンオールスターズですし、彼のボーカルを引き立てるサザンオールスターズのメンバー(関口和之、松田弘、原由子、野沢秀行)がいてこそ成り立っているのだと思います。ひとりひとりが非常に高い音楽スキルを持っていて、それぞれのライブパフォーマンスも必見です。
サザン桑田としての代表曲といえば勝手にシンドバッド、いとしのエリー、エロティカ・セブンが特に有名ですが、TSUNAMIの大ヒットも記憶に新しいです。常にランキング一位を独占していた覚えがあります。きっとこれからも長く活躍を続けていくのだと思います。
他にどのような活躍を見せてくれているのか、さらに調べたいと思います。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。