FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

サザンオールスターズ ニューアルバム「葡萄」がロケットスタート!

今日はサザンオールスターズのニューアルバム「葡萄」に関する情報を紹介したいと思います。

すでに売上40万枚超え サザンオールスターズ、新作『葡萄』はなぜヒットした?
サザンオールスターズの10年ぶり、15枚目のオリジナルアルバム『葡萄』が好調な動きを続けている。初週売上げ30万枚で他を圧倒的に引き離してのロケットスタート。
この数字は今年発売されたアルバムの中で3番目に多い初週売り上げ枚数。その後も2位→2位→3位とすでに4週連続でベスト3をキープする。予測では、5月中には50万枚を超え、さらにツアーの進行にともなって売れ行きがさらに加速していくことは間違いないだろう。



■サザン流ポップスの集大成的なアルバム


なぜ、このアルバム『葡萄』にこんなに人気が集まっているのか。それは、サザンオールスターズというバンドの音楽の集大成といってもいい内容で、彼らのすべてが、ここに集まっているといっても過言ではなく、緻密かつバラエティに富んだ仕上がりだからなのだと断言しよう。


『葡萄』のブックレット用に行われたインタビューで、桑田佳祐は「前作『キラーストリート』はこの先のサザンはどうのようなスタンスをとって進めばいいのか、それを模索していた時期で、ポップスの総合商社みたいなスタイルを演出しようと、2枚組にして重箱の隅を突くだけ突いて、仕上げにネジをギュッと締め過ぎちゃって、マニアックな色合いを濃くしてしまった」と述懐しているが、まさにこの『葡萄』は、それとは対極にあるサザン流ポップスの集大成的なアルバムになっている。

葡萄の人気は今後も続きそうです。さすがサザン、といった感じでしょうか。
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。