スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

サザン桑田と稲村ジェーンのサウンドトラック

今回はサザンオールスターズのボーカル、桑田佳祐がメガホンをとった初の作品、稲村ジェーンを紹介したいと思います。
中でもサウンドトラックは必聴です。
サザンオールスターズの桑田佳祐が監督した映画作品、『稲村ジェーン』のサウンドトラック作品で、同年発売の『Southern All Stars』からも楽曲が収録されているほか、松田弘・原由子などサザンオールスターズのメンバーも参加していることから、「SOUTHERN ALL STARS and ALL STARS」(サザンオールスターズ アンド オールスターズ)の名義を用いている。サウンドトラックであることや、収録曲の参加ミュージシャンなどの関係上、本来サザン名義のオリジナルアルバムではない。
カップルが『稲村ジェーン』を観に来たという設定での会話が収録されており(カップルの男性役はサザンと同じアミューズ所属の寺脇康文)、作品上の台詞もわずかながら収録されている。既発曲には全て台詞が入り、曲自体は同じであるものの収録時間が異なっている。
映画で描かれた、洋楽の主流がラテン音楽からロックに移り変わってゆく時代に、ラテン色の濃い内容となっている。
スペイン語曲もいくつか収録され、ルイス・サルトールの作詞と桑田の作曲での共作になっている。また、それまで桑田ソロやサザン名義では存在していなかったカバー曲も収録された。更に作品化されたものとしては初めて、桑田作曲のインスト曲も収録されている。
なお、この作品では、後にサザンの作品に深くかかわることになり、映画にも出演していた小倉博和が初めて本格的にレコーディング参加している。桑田曰く、この作品のときの小倉は常にビーチサンダルを履いており、持ち込まれたガットギターにはガムテープが張られていた状態でこのアルバムのセッションに参加していたと言う驚きのエピソードを明かしている。
稲村ジェーン、サザン桑田、サザンオールスターズファンなら一度は見ておいてほしい作品です。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。